お知らせ

メール

2021年9月1日
株式会社アイティフォー

金融国際情報技術展「FIT2021」@東京国際フォーラムへの出展のお知らせ(10/14・15)

当社は、2021年10月14日(木)・15日(金)に東京国際フォーラムで開催される金融国際情報技術展「FIT2021」に出展、セミナーを実施します。

・名称:FIT2021 Financial Information Technology 2021 金融国際情報技術展
・主催:日本金融通信社(ニッキン)
・共催:金融ジャーナル社
・会期:10月14日(木)・15日(金) 10:00〜18:00(両日とも同一)
・会場:東京国際フォーラム・ホールE・ホールB5・ホールB7・ホールD5・ホールD7・ガラス棟(東京・有楽町)
・入場:金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方はご入場が自由です。
・詳細:https://fit-tokyo.nikkin.co.jp/#Fit

ご招待券などご用意しております。
詳細は、弊社担当者もしくはHPよりお問い合わせください。多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。



■出展概要
<ブース番号> EA41
<内容>
アイティフォーは、 地方銀行様を中心とした金融機関様向けに幅広いソリューションをご提供することで、お客様の業務改革や次世代に向けたビジネスの創造に対してご支援しています。その中で今回展示させていただくのは、お客様から特にお問い合わせが多い以下5つのソリューションです。
 ・個人ローン審査業務のDXを実現する金融ソリューション
 ・督促業務の効率化を実現する自動受架電システム「ロボティックコール」
 ・コールセンター様向けに声紋認証を行う「ナイス・リアルタイム個人認証」
 ・FinTechに対応したマルチなキャッシュレス決済を実現する「iRITSpay」
 ・AI主導型のサイバー攻撃対策サービスで、リアルタイムの脅威ハンティングと、高速レポート機能を実現する EDR(Endpoint Detection & Response)ソリューション「CyCraftAIR」
展示ブース内では、それぞれのソリューションの目的、特徴、効果をご理解いただくため、導入事例のご紹介やデモ環境、映像のご用意をしております。


■セミナー概要
<開催日時> 2021年10月15日(金)15:00〜16:00
<開催会場> G409-09
<その他>  会場申込不可、金融機関様限定
<内容>
社会の基盤としてITが広がるにつれて、これをターゲットにした犯罪が増加しています。金融機関の指針の一つであるFISCの安全対策基準においても「サイバー攻撃対応態勢の整備」や「不正使用防止」といった項目で、防御だけでなく検知と対処ができることを求めるようになってきています。しかし従来からある防御対策だけでは防ぎきれず、また対応出来る専門人員も不足しているのも事実です。今回アイティフォーではこれら困難な状況に非常に有効なサービスとしてAI活用型EDR「CyCraftAIR」をご紹介します。前半は人手を掛けずに対策が実現可能なサービスの特徴と有効性をご紹介し、後半は「侵入された場合(インシデント発生)の検知と対処」という「内部対策」と呼ばれる点にフォーカスし、AIを活用して検知、調査し、対処のオペレーション機能を備えた「CyCraftAIR」ついて画面を交えながら解説します。
<講演者情報>
株式会社CyCraft Japan シニアサイバーセキュリティリサーチャー 村上 弘和
株式会社アイティフォー 通信システム事業部 営業一部 部長 羽田 誠
株式会社アイティフォー 通信システム事業部 営業一部 スペシャリスト 小山 建

FIT2021
FIT2021